それ本当に効果あるの?買ってはいけない?利用者のリアル声を集めた「金の口コミ」

金の口コミ

資格

ネイリストになるには?ネイル資格の費用安い?ネイルスクールの口コミ

更新日:

今、OLの転職や副業や主婦の社会復帰など、手に職を求める女性にネイルの資格が人気

ネイリストになるには

女性が手に職を求める今の時代で、美容系の資格の中でもネイル資格が特に人気が高い傾向が続いています。

ネイル資格 人気

手に職を付けた女性に、なぜネイル資格が人気なのか?

それは、ネイル資格を取得し、ネイルの技術を身に付けた後の仕事の選び方の
自由度と、仕事に結び付きやすい就職率にあります。

資格を持っていれば安心なんて言えたのは昔の話で、
そんなお飾り的な資格を取得しても手に職を付けたなんて言えません。

仕事に直接結びついたり、即戦力として必要とされる資格でなければ意味がないのです。

そういう意味でネイルの資格というのは、

「趣味レベルでセルフネイルができるようになりたい」

「在宅ワークとしてネイルに関わる仕事をしたい」

ネイルサロンで働きたい・転職したい

休日や隙間時間を使って、出張ネイルで稼ぎたい

ホームサロンをオープンさせたい!

ネイルの講師の仕事をしたい

ブライダルネイリストとしてブライダルに関わる仕事をしたい

モデルや雑誌の取材など、芸能の仕事に関わりたい

など、さまざまなレベル、そしてさまざまな分野での仕事を目指す事が出来るのが
ネイルの資格です。

美容師やリフレクソロジストなどの資格も人気はありますが、
仕事の幅という意味では限られますし、開業へのハードルもかなり高くなります。

ネイルの資格は、自分もキレイにする事ができるメリットもありますが、
仕事選びの幅がとても広く、将来独立開業の夢も持ちやすいというのが最大の特徴です。

ネイリストをめざす年齢とは?主婦やOLでも目指せるのか?

ネイリストを目指す年齢層、属性、ネイリストとしての就職先の割合のグラフです。

ネイリストになるには

ネイリストを目指す年代は20代が多くなりますが、30代40代で30%を占めているのも事実です。
また、主婦が27%、OLが40%というデータも見逃せません。

主婦が子育てを終えて社会復帰をする際に「手に職」を付ける意味でネイルの資格取得を目指すケース。
OLが働きながら副業や転職の為にネイル資格を目指すという状況がわかります。

ネイリストになるには?ネイリストになるまでの道のり

ネイリストになるには 道のり

ネイリストになるには、どのようなステップで進めば良いのか?

まずは、ネイリストになるまでの道のりをかんたんにまとめます。

ネイリストになるには、必ず取得しなくてはいけない資格や試験はありません。

でも、ネイルスクールの数も少なく、ネイリストが今ほど増える前は無資格でもサロンに採用される事はありました。

今でも、無資格でも採用して安い給料で働かせてもらえるサロンはあります。

働きながらネイルのスキルを身に付けられるお得な道のりに見えますが、

ネイルサロンによってネイリストの技術力や得意分野も違うため、全体的に基本を網羅しながら学ぶ事は難しいのが現状です。

良いネイルスクールに通い、しっかりと基本を身に付けた上で、どんなサロンに就職しても自信をもって働ける、

そんなネイリストの道のりをおすすめします。

ネイルスクールの選び方

ネイルスクール 選び方

ネイルスクールを選ぶ際、まず多分野総合校とネイル専門校とに分かれます。
多分野総合校というのは、ネイルだけでなく、ヘアメイク、メイクアップ、美容師、エステティシャン、リラクゼーションなど美容系の様々な分野の資格を教えている学校です。
対して、ネイル専門校では、ネイルのスペシャリストがネイルの事だけを専門的に指導する学校形態になります。

ネイルに特化した指導をする中で、効率良くネイルを学べる環境やカリキュラムを作っており、
また、卒業後の就職先の紹介から独立開業をする際のサポートまで、ネイリストの活動を徹底的にサポートしてくれるネイル専門の学校も増えて来ています。

ネイルスクールもネイル専門校として特に人気の高いCLASTYLE(クラスタイル)もネイリストになるまでのカリキュラムやネイル検定と言った学習面の指導だけでなく、就職先の紹介や開業のサポートまでをサポートする人気のネイルスクールとなっています。
また、CLASTYLE(クラスタイル)ネイルの授業で使用する消耗品をすべてスクールで負担してくれる制度があります。
ネイリストになりなたくたくさん練習をすればするほど、ジェルやアクリルなどの消耗品の費用はかさみます。
その消耗品の負担をスクールで負担してくれる事で、ネイリストを目指す生徒たちは納得のいくまで練習を積み重ねる事ができる環境にあります。

ネイルスクールを選ぶ際は、こういったいくつかもポイントがあります。
これだけはハズせない!というネイルスクールの選び方のポイントをまとめます。

失敗しないネイルスクール選びには、パンフレットを請求して各ネイル学校の特徴を把握する事が必須です!
パンフレットが届いたら以下のポイントをしっかり比較してみてください!

先ほど紹介したCLASTYLE(クラスタイル)ネイルカレッジを始め、ヒューマンアカデミーネイルスクールや黒崎えり子ビューティカレッジなど、
指導から就職までのサポートをしっかりとしてくれる評判のネイルスクールのパンフレットを一括で請求できるサービスを紹介しておきます。

多くのネイリストの卵たちがココから資料請求する事からネイリストへの道がスタートさせています。

【無料】人気ネイルスクール
資料一括請求サービスはコチラ

ビューティー資格ナビ公式

授業時間で比較する

ネイルスクールの授業時間は学校によって様々です。
ネイリストの基本的な知識とスキルを学び、ネイリスト技能検定2級までを目指すコースで120~150時間前後。
その上の、ネイリスト技能検定1級を取得し、一流のプロのネイリストを目指す最上位クラスで180時間~300時間ほどの学校が多いようです。

ヒューマンアカデミーネイルスクールや黒崎えり子ビューティカレッジなどでは、プロフェッショナルコースで350~360時間の授業時間となっていて、
ネイリストに必要な知識やスキルをしっかりと学べるカリキュラムになっています。

自分が学びたい知識や技術のによりたくさんの授業時間を割いている学校を選ぶ事が大事になります。
カリキュラムが豊富なのにもかかわらず、授業時間が少ない学校は、授業について行くのが大変かもしれません。

 

授業料で比較する

多くのネイルスクールでは授業料の他に、入学金と教材費がかかります。
ネイルスクールによっては、教材費を授業料に含めている学校もありますし、入学金がないネイル学校もあります。

ネイルスクールの費用の高い安いに比較の仕方

授業料と入学金、教材費の合計を授業時間で割った1時間あたりの費用で、ネイルスクールの費用の高い・安いを比較する事ができます。

ネイルスクールの費用は、高い学校だから良い学校、費用が安いからイマイチな学校とは一概に判断ができません。
授業時間やカリキュラム、それから学習環境など総合的に判断をして、費用の安い・高いを比較検討する事をおすすめします。

講師を比較する

ネイルスクールを選ぶ際、日本ネイリスト協会(JNA)の審査に合格をして資格を得ている認定講師の多さも学校選びの目安になります。
認定講師が多く在籍していて、マンツーマンで直接高い技術を指導して貰える環境は、ネイリストの卵にとってはとても貴重です。

また、ネイルのコンテストで上位入賞している様な有名ネイリストや、雑誌でも活躍するネイリストが在籍しているネイルスクールもモチベーションを上げる意味でも良い選択となるかもれませんね。

タイムスケジュールを比較する

全日制のネイルスクールに通う

全日制の専門学校として固定メンバーと切磋琢磨し、仲間たちと共にネイリストを目指すスタイル。
高校や大学を卒業して、全日制のネイルスクールに入学するケースが多くなります。

フリータイム制のあるネイル学校に通う
土日や夜間など、自分のライフスタイルに合わせて都合の良い時間帯に自由に授業を受ける事ができるフリータイム制を導入した学校も増えています。
働きながら資格を目指すOLや子育てをしながらネイル資格取得を目指す主婦にも人気があります。

ネイルスクールの形態で比較する

多分野総合学校とネイル専門学校があると触れましたが、例えば高校生などの場合、
あえて美容関係の総合である専修学校に進学する事で、ネイリストとして技術や知識を習得しながら、美容に関わるエステやメイク、そして着付けなど、将来仕事の幅が広がる様な学び方を選択する方法もあります。

逆に、OLや主婦や働きながらネイリストへの転職を目指す場合には、ネイルの専門学校でネイルの分野に特化した知識やスキルを身に付ける方がニーズに合っていたりもします。

自分の今の状況や目指す方向性によって変わってくるところになります。

ネイル通信講座で選ぶ

ネイルスクールの通学とネイル通信講座受講の割合

ネイル通信講座

通学でネイルスクールに通う方と、通信でネイル講座を受講する方の割合です。

全体の43.5%がネイル通信講座を受講している事が分かります。

また、ネイル通信講座を受講している方の属性として、専業主婦の方が多くパートアルバイト、会社員と続いています。

働きながらネイルの資格を取得し、ネイリストになるにはやはりネイル通信講座が最適な選択になります。

 

ネイル通信講座では、検定試験は合格しないなんて言われていたのは過去の話です。

通学講座に比べて合格率は下がるものの、しっかりとしたカリキュラムと環境を整えたネイル通信講座を受講すれば、難関と言われるネイリスト技能検定1級でも合格する事ができています。

例えば、人気ネイル通信講座「クラスタイルネイルカレッジのネイル通信講座」では、下記の様な合格率になっています。(参考:クラスタイルネイルカレッジのパンフレットより)

クラスタイル ネイル通信

通学講座 通信講座
ネイリスト技能検定 3級 96%(全国平均71%) 2級 85%(全国平均37%) 1級 76%(全国平均35%) 3級 93%(全国平均71%) 2級 68%(全国平均37%) 1級 62%(全国平均35%)
ジェルネイル検定 初級100%(全国平均69%) 中級 71%(全国平均71%) 上級 78%(全国平均54%) 初級 89%(全国平均69%) 中級 71%(全国平均71%) 上級 69%(全国平均54%)

着目したいのは、全国平均に対してのクラスタイルネイルカレッジの通信講座の合格率の高さです。
よい通信講座を受講すれば、ネイルスト技能検定1級、ジェルネイル検定上級といった最上級のネイル資格も取得できている事がわかると思います。

通信では手に職が付けられないといったイメージがありますが、通信講座も進化をしています。
女性が仕事をしながら資格を取る選択肢として、ネイル通信講座を受講するにあたり参考にして頂きたいです。

ネイル通信講座のメリット

自分の隙間時間を使って学べるのがネイル通信講座の最大のメリットになります。
女性が手に職を付ける為に働きながら資格を目指したり、社会復帰を目指し子育てしながらでも資格を取得したいと思う方は通信講座でネイル検定を目指す方も増えています。
最近では、DVDで学習できるだけでなく、スクーリング制という通信講座を受けながら技術指導が必要な授業はスクールに通うというスタイルも増えてきて、ネイル通信でのデメリットは昔に比べ少なくなってきています。

クラスタイルネイルカレッジでは、eラーニングを受講する事ができるようになり、スマホやタブレットでいつでも手元をアップした映像を見ながら練習する事ができて、学習効率がとてもアップしています。

ネイル通信講座のデメリット

ネイル通信講座のデメリットとして気を付けたいのは、ネイルの学習環境面よりもむしろ
モチベーションの維持など気分のムラにあります。

最初のうちはやる気満々で頑張れていたが、すくし難しくなると気が乗らなくなってしまい放置してしまたりと
自分自身のコントロールができないと最後まで続けることが難しくなります。

ある程度自分に厳しく規律をもって学習できる方でないとお金のムダになってしまう可能性があります。

自分に甘いタイプだなと自覚されている方であれば、通信講座とスクールに通い受講する事を合わせたスクーリングを検討するのが良いでしょう。
スクーリングであれば、普段は自分の都合に合わせて通信で学習をし、時々通学するスタイルなので強制的に勉強を続ける環境を作る事ができます。

ヒューマンアカデミーネイルスクールの「たのまな」やCLASTYLE(クラスタイルネイルカレッジ)の様にネイルスクールのネイル通信講座もあります。
ユーキャンやガクブンなどでもネイル通信講座はありますが、やはりおすすめはネイル学校で提供するネイル通信講座です。

特にヒューマンアカデミーネイルスクールの「たのまな」やCLASTYLE(クラスタイルネイルカレッジ)はネイル通信講座の中でも人気が高く、
通信でありながら、プロのネイリストを育て上げるしっかりとした内容になっています。

クラスタイルネイルカレッジでは、通学制の生徒だけが利用できたプロのネイリストが仕入先として利用しているネイル専門問屋を通信講座の生徒も利用する事ができるようになりました。
ヒューマンアカデミーネイルスクールの「たのまな」でも同様に、通信で学ぶ生徒でも問屋の利用が可能となっています。

 

ネイリストになりたい!プロのネイリストになるネイルの資格とは?

ネイル 資格
ネイリストになるにはやはり資格を取得する事が望ましいです。
ネイリストになる為の主な資格は「JNECネイリスト技能検定試験」「JNAジェルネイル技能検定試験」の2つです。

JNECネイリスト技能検定試験

JNECネイリスト技能検定試験は、1級を最高として3級、2級、1級の3段階に分かれています。
検定試験は、3級、2級は年に4回、1級は年に2回開催されます。

検定試験の内容には、実技試験と筆記試験があります。

レベル 検定受験費用 開催回数
ネイリスト技能検定3級 ネイルケアに関する基本的な技術や知識の習得 6,600円 年4回
ネイリスト技能検定2級 プロのネイリストとして、サロンワークで通用するネイルケアや爪のメンテナンス、ネイルアートの技術と知識、爪の衛生管理など 8,800円 年4回
ネイリスト技能検定1級 スカルプチュアなどのネイルエクステンション技術を含む、ネイリストとしての総合的な技術と知識の習得 1,1000円 年2回

※JNECネイリスト技能検定試験の試験内容にはジェルネイルの内容は含まれません。

JNECネイリスト技能検定試験の実技試験内容

3級・・・ネイルケア、カラーリング、ネイルアート
2級・・・ネイルケア、カラーリング、ネイルアート、チップ&ラップ
1級・・・アクリルチップオーバーレイ、アクリルスカルプチュア、ミックスメディアアート

ネイルサロンが求めるネイリスト技能検定のレベルは?

ネイリスト技能検定2級と1級は、即戦力でプロの仕事ができる事を想定した実践的な内容になっています。

そのため、ネイルサロンの募集要項には、「ネイリスト技能検定2級以上」を条件に掲げているサロンが多いです。

 

また、安い費用でネイリストになるにはでも触れますが、

まずは3級を取得して、アルバイトでサロンで働きながら上級の資格を目指す方法もあります。

JNAジェルネイル技能検定試験

JNAジェルネイル技能検定試験は上級を最高ランクとして、初級、中級、上級に分かれています。
検定試験はどれも年に2回開催されます。
初級、中級は実技試験と筆記試験が実施され、
上級は実技試験のみで筆記試験はありません。

ジェルネイル技術検定試験には、ジェルネイル技術だけでなく、
ポリッシュ(マニキュア)、カラーリング、ネイルケアもすべて含まれます。

JNAジェルネイル技能検定試験の実技試験内容

初級・・・ネイルケア、カラーリング(ポリッシュ・ジェル)ジェルアート
中級・・・ネイルケア、カラーリング(ポリッシュ・ジェル)ジェルアート、目るオフ、グラデーション、フレンチ、ジェルスカルプチュア
上級・・・ジェルスカルプチュア、ジェルチップオーバーレイ、フレンチ、ジェルデザイン

 

ネイリストの仕事とは

ネイリストの仕事

ネイリストの仕事は、お客様の手と爪を美しくお手入れする事で、幸福感をお届けする素晴らしい仕事です。

ネイリストの仕事はネイルアートを施すだけではありません。
お客様の手を清潔にし、
しっかり保湿をし、
時には亀裂が入った爪を補修し、
爪の長さを最適に整え、
お客様のご要望を聞きだしカラーを決め、
時には絵を描いたりキラキラのストーンを載せてネイルアートを施す。

ネイリストの仕事は、ネイルアートにとどまらず、手のメンテナンス、詰めのメンテナンスと
幅広い知識が必要な手の美容師の様な仕事なのです。

 

ネイリストの働き方

ネイリスト 働き方

プロのネイリストの働き方の選択肢は多いです。

一般的なネイリストになる道のりは、ネイルスクールを卒業後ネイルサロンに就職するパターンです。

そして、ネイルサロンで数年技術を磨いた後には、ネイリストとしての働き方選択肢が一気に広がります。

代表的なネイリストの働き方をまとめます。

ネイルサロンのスタッフとして働く

ネイルスクールで資格を取得し、サロンに就職して数年も経てば、ベテランネイリストとして仕事をしている事でしょう。

技術は磨かれ、実力も付いて一人前のネイリストになった後も、多くのネイリストはサロンで勤務し続けます。

正社員という安定した就業形態でネイリストを続けたいという理由が大きいでしょう。

 

ネイリストとして開業の夢は持ちつつも、スタッフとして働く方が経営に携わらない分新しい技術の勉強をする時間の余裕も持てたりします。

コンテストの上位入賞者も、実は独立開業した経営者のネイリストよりもサロン勤務のネイリストの方が多いのが現状です。

働き方を自由に選べるのもネイリストの仕事の良いところですね。

派遣ネイリストとして働く

美容系の派遣会社が増えています。

ネイリストとしての実績を登録しておき、ニーズに応じて仕事を紹介してくれて派遣先を斡旋してくるシステムです。年末や夏期、結婚式などのイベントシーズンなど繁忙期のみ人手を増やしたいと考えるネイルサロンはたくさんあります。

派遣ネイリストは即戦力が求められる

繁忙期の人手不足を補う要因として派遣される派遣ネイリストは、当然即戦力を求められます。

現場での経験が豊富でバリバリと即戦力として仕事ができるネイリストが求められ、逆に経験の浅いネイリストは歓迎されません。

とはいえ、派遣ネイリストを続ける事で経験値も上がって行くので、最初は自信がなくても現場で経験を積むためと思い登録しておくのも良い選択です。

派遣ネイリストのメリット・デメリット

メリット1:ネイリストとしての経験を詰める

派遣ネイリストのメリットは、先ほども書きましたがやはり多くの経験が積めるという事です。

あらゆるネイルサロンで仕事ができ、数多くのネイリストの仕事ぶりを見る事もできますし、

結婚式場やイベントでの仕事からもサロンワークとは違う多くの経験を積む事もできます。

将来サロン開業を目指すネイリストの中には、経験を積む為に派遣ネイリストを続けている方も多くいます。

メリット2:自分にぴったりのネイルサロン探しができる

また、多くのサロンを渡り歩くなかで自分にぴったりのネイルサロンを見つけて、そこに就職するという使い方もできます。

サロンの雰囲気や職場の人間関係は実際に働いてみないと分かりません。

派遣ネイリストとしてまずは働いてみて、サロンの雰囲気や人間関係が自分に向いているなと思った時に、

そのサロンへの就職に向けて動いて行くのもおすすめの方法です。

メリット3:サロン開業間もない時期の不安定さを補う

独立してサロンを開業したばかりの時期は、お客様の予約もまばらだったりします。

そんなときは、「今週は予約が少ないから週に2回だけ派遣ネイリストとして仕事をしよう!」

という働き方もできます。

派遣ネイリストのデメリット

夏期やブライダルなどの繁忙期に人材として求められる派遣ネイリストは、やはり収入の面では不安定な面があります。

派遣ネイリスト1本で食べて行くのは少し不安がありますので、サロンのアルバイトや他のお仕事と副業スタイルでの働き方がおすすめです。

ネイルスクールのインストラクター(ネイル講師)として働く

ネイリストの仕事としては、ネイルスクールのインストラクター・講師として働く方法もあります。

教え上手な世話好きな性格の人や、大人数を率いるリーダーシップのある方が向いています。

 

メーカーの専属ネイリストとして働く

ネイリストになるには、サロン勤務やネイルスクールの講師になる以外にも、

ネイルの材料を販売する会社に就職し、商品のデモンストレーターとして働く道もあります。

雑誌などで派手に活躍するネイリストとは魅力は異なり派手さはありませんが、ネイル商品の開発から関われるという魅力があります。

また、ネイリストとしての高い技術だけでなく、営業スキルや営業トークのスキルなども必要になります。

サロン開業という働き方

美容室の一角を曲がりする

美容室などではネイル向けブース貸し出ししている所も増えて来ています。

美容院に来たお客様にサロンの宣伝もできますし、美容院側でも待ち時間にネイルができるという付加価値を載せて宣伝できるのでWinWinの関係で仕事ができます。

場所代として美容院に売り上げの何割かは支払う必要はありますが、美容院に来たお客様に宣伝できるメリットは大きいです。

自宅にプライベートサロンを開業する

自宅マンションの1部屋を改装して小さなプライベートサロンを開業するネイリストも増えてきました。

特に子供がいるネイリストの場合、自宅で子供に目が届くところで仕事ができるのは大きなメリットです。

プライベートサロンの開業は、仕事と家族を大切にした理想的なスタイルとも言えます。

出張ネイリスト

ネイルに必要な道具をかばんに詰めてお客様のお宅やサロンに出向くのが出張ネイリストの働き方です。

小さな子供がいて、なかなかサロンへ足を運べない主婦からもニーズがあります。

自宅プチサロンを経営しつつ、出張ネイリストを組み合わせる働き方もおすすめです。

店舗を借りた本格的なネイルサロンを経営する

ネイリストの仕事・働き方で紹介した中で最も資金がかかるのが、この店舗型のサロン経営になります。

最初からいきなり店舗型のネイルサロン開業はリスクも大きいので、

始めはマンションの一室にプライベートサロン経営からスタートするのが良いでしょう。

店舗型のサロンを開業し、ネイリストを雇用し経営者になる夢は、ネイリストの憧れでもあります。

店舗経営の夢の実現性の高さも、

他の美容系の資格に比べて設備投資資金が安く抑えられるネイル資格の特権とも言えると思います。

ネイリストの収入・年収とは?

一般的なネイリストの平均月収

ネイリスト 収入

ネイリストの収入・年収は働き方によって大きく変わってきます。

サロン勤務をするネイリストと独立開業もしているネイリストでは収入も異なりますし、

サロン勤務をしながら出張ネイリストやネイルスクールの講師の仕事も掛け持ちで行っている場合もあるので、

働き方次第で収入は異なると考えた方が良いでしょう。

 

働きながらネイルの資格を取得し、ネイリストになるには

働きながらネイルの資格取得を目指す場合のネイリストへの道のりは、

やはり、ネイルの通信講座+スクーリングになります。

ネイル通信講座のスクーリング制度とは?

働きながら手に職を付けたい女性から人気のあるネイル通信講座ですが、

手に職を付ける資格だけに、通信での自習だけでは限界があります。

そこで、苦手な技術を集中的に直接指導を受けたり、検定試験対策を集中的にしたりと

認定講師から直接指導を受けれるスクーリング制を組み合わせることで、

ネイル通信講座だけでは不足しがちだった技術の向上をフォローする事ができる様になっています。

特に、日本最大のネイルスクールであるヒューマンアカデミーのネイル通信講座「たのまな」では、

北海道から沖縄の那覇まで、全国30拠点に校舎をもち、通信講座とスクーリングを組み合わせた

最高の環境を提供しています。

働きながらネイリストになるには、限られた時間を有効に使う必要があります。

普段はDVDやeラーニングでの自主学習でネイルのスキルを高め、

苦手な技術や試験対策をみっちりとスクーリングで学ぶ。

働きながらネイリストになるには、この道のりがやはりおすすめです。

 

安い費用でネイリストになるには

ネイリストにはなりたい、でも自由に使える資金が限られていてなるべく安い費用でネイリストを目指す方法はないだろうか?

そういうケースもあるかと思います。

特に主婦の場合、自分が自由に使えるお金は限られているでしょうから、まずは安い費用でネイリストとして第一歩を踏み出したいという方もいるでしょう。

もちろん、プロのネイリストとしてしっかりとしたカリキュラムを受講し技術や知識を習得できる事に越したことはないが、お金がないからといってプロのネイリストへの道が閉ざされるか?というとそうではありません。

安い費用でネイリストになるにはどんな方法があるのか、いくつかピックアップしてみたいと思います。

安い費用でネイリストになるには~おすすめはコレ~

ネイル検定3級・2級取得までのカリキュラムのネイルスクールで2級までを取得する。

その後サロンで働きながら1級取得の為のスキルを身に付ける。

例えば、クラスタイルネイルカレッジの「ネイリストデビュー短期集中コース」というコースがあります。

6ヶ月で、ネイリスト技能検定3級・2級の取得、ジェルネイル技能検定初級、中級対策までが含まれるコースです。

ネイリストプロフェッショナル総合コースから、ネイリスト検定1級とジェルネイル技能検定上級を外したコースで、

費用も総額で584000円と比較的安く収める事ができます。

 

通信講座とスクーリングで2級資格を目指す

通学コースで2級を目指す場合、費用は60万前後はかかりますが、それは少し予算オーバーという場合は、

ネイル通信講座でネイリスト技能検定2級を目指す方法もあります。

ネイル通信講座といっても、技術の習得が必要な部分は通って直接指導を受けれるスクーリング制を利用する事で通信講座のデメリットである直接指導を受けれない部分はカバーできます。

また、ヒューマンアカデミーのネイル通信講座「たのまな」では、eラーニングで受講できるネイル通信講座が始まりました。

DVDだけだと手元のアップの映像が見えにくかったり、DVDが見れる環境の場所でしか観れなかったりとネックがあったのですが、

eラーニングですとスマホやタブレット、PCなど場所を問わず受講する事が可能となります。

また、何度も納得ができるまで繰り返し受講できるのもeラーニングのメリットです。

先ほどご紹介した、クラスタイルネイルカレッジの通学で2級を目指す「ネイリストデビュー短期集中コース」が約60万円に対し、

同じクラスタイルのネイル通信講座の場合、23万円前後、ヒューマンアカデミー「たのまな」で23万円前後と通学よりもだいぶだいぶ安い費用でネイリストを目指せます。

 

もっと安い費用でネイリストになるには

60万前後でネイリスト検定2級取得までをめざし、サロンで働きながら一流ネイリストを目指す方法を紹介しましたが、それでも費用が厳しい場合は、3級だけを取得して同じようにネイルサロンで働きながら上級資格を目指す方法もあります。

しかし、サロンの求人はネイリスト技能検定2級が基準になってきている為、3級の取得のみでの採用は少し難しくなります。

それでも、3級でも採用してくれるサロンは探せばあります。

ネイルサロン対してのアンケート調査の結果です。

ネイリスト 就職

求人で求めるジェルネイル検定は?という質問に対し、34%のサロンが初級取得でOKと回答しています。
一番多い中級取得を目指すのが望ましくはありますが、安い費用でネイリストになるにはこういった道もあるという事で参考にしてみてください。

どうしても費用が捻出できず、2級の取得が難しい場合は3級を取得してアルバイトなどでサロンで働きながら2級⇒1級と上級の資格取得を目指す事も不可能ではありません。

ネイルスクールに通って学習するのに比べると、本人の強い心が必要になると思いますが、ネイリストになりたい!という強い願望があるのであればそういった方法でプロを目指す事も可能なのです。

 

 

ネイルスクールの口コミ

ネイルスクール 口コミ

ヒューマンアカデミーネイルスクールの口コミ

ホームサロンオーナー小林さんの口コミ【通学】

出産後、ふと社会復帰を考えた時にこれからは好きな事を仕事にして稼ぎたいと思う様になりました。

それまではサロンでネイルをされる側だった私がネイリストになるには相当な覚悟が必要でしたが、ヒューマンアカデミーで一緒に学んだ仲間とも助け合いながら1級まで取得する事ができました。ネイルスクールを選ぶ際、カリキュラムや教材などをプロのネイリストの友達が見てくれて、ココが良いねとなったのがヒューマンアカデミーネイルスクールでした。子育てとパートをしながらネイリストになるには睡眠時間を削って練習する必要がありました。泣きそうになった事もありましたが、ネイリストになるなら1級まで取得して一流のネイリストになりたい!と思っていたので、大変ではありましたが仲間と支え合って頑張れた充実した日々はこれならの私のネイリストとしての活躍の支えになってくれると思います。

通信講座たのまなで1級取得した波多野さんの口コミ【ネイル通信講座たのまな】

ネイリストになりたい!と思いネイル通信講座を始めた時、ネイリストの友人からは通信で1級は無理と言われました。

でも、仕事もしていましたし、働きながらネイリストになるには、通信講座しか選択できませんでしたので、通信でやれるだけ頑張ろうと思いヒューマンアカデミーの「たのまな」を受講しました。たのまなにはeラーニングでの受講とスクーリングを組み合わせられるので、通学に近い学習環境でネイルの資格取得に向けた勉強が効率的にできます。

通信講座なのに合格率が高いのも、環境による学習効果の高さがあると思います。2級の時が一番苦労しましたが、スクーリングに何度も通い苦手なところを克服して3回目の検定で合格する事ができました。私は不器用な方なので寝食を忘れて練習するくらい必死になって練習をする日々でした。1級合格までを通信講座でも取得する事は十分可能だと私は思っています。ネイルスクールを選ぶ際は、どんな環境で学習できるかを比較すると良いと思います。

クラスタイルネイルスクールの口コミ

【通信講座】2級合格&ジェル上級合格 黒田さんの口コミ

検定試験が近づくと不安も募り、ちょっとしたことでもあれ?これどうするんだっけ?と疑問が沸くものです。

そんな時もメールでの質問にすぐに返信を頂け、その場で疑問を解決できたのもとても助かりました。

検定試験直前でのスクーリングでは、試験管をされている講師の先生から試験のポイントや苦手な部分を直接指導を受ける事ができました。

ネイルは、どんなに難しい技術でも少しずつ出来る様になるところに魅力を感じています。

【通学】2級合格&ジェル中級合格 竹下さんの口コミ

長年ずっと欲しかったネイルの資格をやっと取る事ができました。

検定試験当日は、緊張で手の震えが止まりませんでした。でも、クラスタイルで認定講師の先生から試験対策をみっちり教えて頂けた事だけが私の自信となり2級試験も一発合格する事ができました。他の学校と比較しても検定試験へのサポートは充実していると思います。やっとネイリストとしてスタートが切れました。

k-twoネイルスクールの口コミ

ネイルスクールコース2級合格

就職率100%という点やネイルサロン直営しているネイルスクールなので卒業後の就職先が安心という事でk-twoを選びました。

フリータイム制なので自分の都合に合わせて通えますし、検定試験のサポートも充実していると思います。

就職率の高さとサロンを経営しているか?もネイルスクール選びにおいて大事なポイントだと思います。

セルフネイルコース

友達のネイルと自分のネイルを上手にできるようになりたいと思ってセルフネイルコースに通いました。

全10回で趣味レベルでは十分なセルフネイルの技術を身に付ける事ができてお手軽です。

今後ネイリスト検定2級までを目指しコースを変更してネイリストを目指そうと思っています。

 

tkネイルスクールの口コミ

ネイリスト技能検定2級合格 吉田さん

tkネイルスクールは託児所があるので、子育て中の主婦でも通えるのが魅力だと思います。

私も託児所を利用しながらネイルスクールで勉強し、ネイリスト技能検定2級合格までする事ができました。

1級合格に向けてさらに練習する日々です。ネイルの仕事は年齢に関係なく目指せる点でも魅力的だと思います。

 

プライベートサロン経営 若葉さん

女性が手に職を付ける為に資格を取得する時代ですが、私には仕事に結び付く資格が何もありませんでした。

第2児を出産後、会社を退職して子育てに専念してきましたが、今後の自分の為にネイルの資格取得を目指しました。

子育て中のお母さんが資格取得を目指すなら託児所が完備されているtkネイルスクールはおすすめだと思います。

スクール卒業後、サロンでの仕事を経て、プライベートサロンオーナーとして活動しています。

ネイル資格を独学で取得しネイリストになれる?

ネイル資格には国家資格はありません。

ネイルの資格を一切持っていなくても、自称ネイリストは名乗れてしまいますし、

独学で身に付けたネイルアートの技術だけでもネイルサロンの開業も可能ではあります。

 

ただ、ネイリストの仕事は、ネイルアートだけではなく、

爪が割れてしまったり、痛んでしまった時のリペアや爪を健康な状態に戻す為のケアをしてあげるのもネイリストの大事な仕事です。

プロのネイリストになるには、技術はもちろんですが、爪に関する多くの知識を有する必要があるのです。

 

趣味でセルフネイルをやっていて、ネイルが大好きという方もたくさんいると思います。

でも、プロのネイリストとして仕事をするのであれば、趣味のセルフネイルの延長ではなく、

プロとしての技術、プロとしての知識、プロとしての心構え、接客をしっかりと身に付ける必要があります。

 

独学でもネイリストになる事は可能ではありますが、

やはりネイルの資格を取得して、ネイリストとしての基礎を身に付けて

どんな現場でも活躍ができるプロのネイリストを目指す事をおすすめします。

 

ネイル通信講座はたのまなとクラスタイルどっちがおすすめ?

たのまな クラスタイル
ネイルの通信講座と言えば、

ヒューマンアカデミーネイルスクールの通信講座「たのまな」とクラスタイルネイルカレッジのネイル通信講座の2つが人気ですし、実際評判も良いです。

この2つのどちらかのネイル通信講座で迷う方も多くいらっしゃる様ですので、

いくつかポイントをまとめたいと思います。

ヒューマンアカデミーたのまなとクラスタイルのネイル通信講座比較

講座費用の比較 スクーリング拠点 ネイル問屋の利用 学習スタイル 講師陣知名度
たのまな 23万前後 全国30校舎 あり DVD+スクーリング
クラスタイル 28万前後 全国10校舎 あり eラーニング+スクーリング

 

講座の費用で比較すると、

ネイリスト技能検定2級取得を目指すコースで比較すると「たのまな」の方がやや安い。

また、ヒューマンアカデミーは全国に拠点をたくさん持っている事も強みです。

ネイル通信のたのまなも、スクーリングの拠点が全国で30校舎あります。

クラスタイルは、東京、札幌、仙台、群馬(高崎)、千葉、名古屋、京都、大阪、福岡となるので、今お住まいの地域からスクーリングに通いやすい方を選択するのも良いかと思います。

たのまなは、eラーニングの受講がスタートした!

たのまはは、eラーニングで受講するコースがあります。

クラスタイルもいずれはeラーニングを導入する可能性はありますが、現在はDVDでの受講となります。

eラーニングのメリットは、スマホやタブレットさえあれば、いつでもどこでも受講できる点にあります。

電車の移動中やトイレやお風呂など、隙間時間を見つけては繰り返しeラーニングを観てネイルの技術を高める事が出来る環境は間違いなく学習効率を高めるでしょう。

 

ネイルスクール卒業後の就職率や就職先

ネイル資格を取得し、ネイルスクールを卒業後の進路についてまとめます。

ネイル資格のメリットは、何と言っても仕事に結び付く資格であるという事です。

資格は取得したのにお飾り状態で、仕事に直結しない資格が多い中、

ネイル資格は即戦力として現場で仕事ができる意義のある資格と言えます。

一流ネイルスクールの就職率はほぼ100%

ネイルスクールを代表する様な、ヒューマンアカデミーネイルスクールやクラスタイルネイルカレッジ、黒崎えり子ネイルビューティカレッジなど

ネイル業界からも評価の高いネイルスクールは、サロンからの求人も多く就職率はほぼ100%という高さを誇ります。

黒崎えり子ネイルネイルビューティカレッジは、開校依頼就職率100%で、ネイル業界からも絶大な信頼を受けています。

 

ネイルスクール選びの時に、就職率は必ずチェックしよう!

ネイルスクールがどこも100%の就職率を誇るのか?というとそうではありません。

やはり、ネイル業界とのつながりや過去に就職したネイリストの仕事ぶりなどから築きあげた信頼関係がネイル学校と就職先のサロンや企業とのパイプを太くします。

スクール卒業後の生徒の直近の就職率、就職先についてはパンフレットで確認しておきましょう。

パンフレットで確認後、直接電話で聞いてみるのも良いと思いますし、体験レッスンに参加をして直接就職状況を聞いてみるのもおすすめです。

 

日本人は就職状況などをズバリ聞いたりする事にとかく遠慮しがちですが、

ネイル学校卒業後の就職率は大事な事なので、遠慮せずに積極的に確認する事をおすすめします!

 

ネイリストになりたい!Q&A

ネイリストに向いている適正・性格とは

基本編

  • ネイルが好きであり、ネイルの技術修得やクリエイティブ、教育に情熱を向けられる
  • 社会的マナーを持ち合わせている事

才能編

  • ネイルアートやデザインの創造性と美的センスがある
  • 手先が器用である
  • 自分に厳しく、自分をコントロール(自己管理)できる

性格編

  • お客様に喜んで貰えることを楽しみに感じれる
  • 素直である
  • 社交的でお客様との会話やコミニュケーションを取るのを楽しめる
  • 向上心が強く、ハングリー精神を持ち合わせている方
  • 負けず嫌いである
  • 好奇心が旺盛で、何事にもチャレンジ精神がある

東京のネイルスクールに通わないとダメですか?

東京にお住まいであれば、ネイルスクール選びも選択肢が多くなりますが、地方にお住まいの場合は東京に状況すべきか迷う場合もあるでしょう。
実際は東京のスクールに通うメリットとして気になるのはやはり卒業後の就職だと思います。

全国的に拠点を持つヒューマンアカデミーネイルスクールであれば全国30か所に拠点もあり、地方にお住まいでも東京で受講するのと同じ内容のカリキュラムで受講できますし、一流の講師陣から直接指導も受ける事が可能です。

ただ、地方の小さなネイルスクールに通う場合は、就職先のパイプの太さ、繋がりの広さはチェックが必要です。

また、サロンを直営しているネイルスクールであれば地方のスクールでも就職率は高いケースが多いですが、
それでも入学前に就職率に関しては確認する事をおすすめします。

今回ご紹介している、ビューティー資格ナビで請求できるネイルスクールは、どこも就職率の高い評判の良い学校のみが集まっています。
地方にお住まいの場合も、まずは資料請求からスタートし、自分に最適の学校選びをしてみてください。

ネイリストになるにはまとめ

ネイリストという職業ほど、女性が自立をして夢を見れる資格もなかなかありません。
設備投資資金があまりかからないというのは美容師やエステの資格と比べても、開業のハードルは低いと言えます。

お客様に幸福感を届け、そしてお客様に「ありがとう」と感謝をされる。
そんな素晴らしいネイリストをめざし、是非強い意志をもって頑張ってください。

まずは、ネイルスクール選びがポイントになります。
検定試験の合格率の高さ
卒業後の就職率の高さ
講師陣のスキル
サポート体制の充実
費用とカリキュラム

まずはパンフレットを請求し、こういったポイントを抑えながら、徹底的に比較してみてください。

自分にぴったりのネイルスクールが見つかる事を願っています!


【無料】人気ネイルスクール
資料一括請求サービスはコチラ

ビューティー資格ナビ公式

-資格
-,

Copyright© 金の口コミ , 2018 All Rights Reserved.